★地方公務員試験の難易度をランキングでまとめました!!★

「大学生に人気の就職先1位は地方公務員」という記事が昨年の秋に就活サイトで掲載されていました。やはり公務員は「給与額」と「雇用形態」が安定しているイメージが定着しているせいでしょうか。しかし公務員といっても種類はさまざまなのに、就職先人気ランキングで常に上位にランクインしている地方公務員の人気の理由とは何なのでしょうか。それは公務員試験の難易度に関係しているようです。一般的には、財務省や総務省のような中央官庁は公的機関の中でも飛びぬけて難易度が高いと言われています。民間企業で例えるならばゴールドマン・サックスや日本銀行よりも難易度が高いとされ超難関就職先となります。それに比べれば地方公務員試験は比較的難易度は下がりますから人気があるわけですね。しかし志望者が多く倍率が高いため、しっかりとした専門の対策がなければ合格は難しいでしょう。地方公務員にも様々な種類がありますから難易度順にチェックしてみましょう!難易度ランキングの1位は都道府県(地方上級)です。地方上級とは、都道府県庁・東京特別区・政令指定都市を総称する呼び名になっています。公務員試験の難易度は偏差値55~59程度と言われ、キャリアパスは管理職に就くゼネラリストです。2位は、市町村(地方中級)です。地方中級と呼ばれる市町村の試験難易度は偏差値50~54程度と言われています。地方公務員の中でもより日常の生活に密着した業務内容を行うことになります。そして、3位は県庁・政令都市(地方初級)です。地方初級では事務系の業務に就くことが多く、偏差値は35~39程度の難易度と言われています。上記の公務員試験の難易度目安は、上級=大卒、中級=短大卒、初級=高卒と考えるとイメージしやすいと思います。また、こういったランキングを見るとどうしても公務員試験の難易度が低い職種を受験したくなる方もいると思いますが、それは得策ではありません!なぜならランキングサイトなどで難易度が低く紹介されている公務員に応募が集中している傾向があるからです。また最近の公務員試験では、民間企業のように面接試験を重視する傾向が強いため、ちゃんとした志望動機や目指すキャリアパスがはっきりしていなければ試験突破は難しいでしょう。数ある公務員の中でも、地方公務員試験を得意とする専門学校がありますので、目指す職種が決まっている方はそういった学校に通うのが一番の近道になるでしょう。

FireShot-Screen-Capture-#063---'公務員専門学校比較ランキング※公務員試験対策に最適な学校の選び方'---公務員専門学校_com

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です