★公務員試験の難易度トップ国家総合職について徹底解説!★

国家総合職の難易度公務員試験中でも最高ランクの難易度を誇るのが国家総合職です。昔で言う国家I種のことであり、官僚と言われているエリートコースです。日本の政策や法律を作る官僚は、日本を動かす立場であり、日本を変えたいと志高い優秀な人材が集まります。実際、国家総合職にいくのは東大や京大、早慶と言った全国屈指の名門校出身者です。特に昔から人気の高い5大省庁(財務省、外務省、経済産業省、警察庁、総務省)は、東大出身者が数多く在籍しています。特に法学部出身者が多いですが、経済区分や教養区分での採用数が増えているため、他学部出身生でも目指すことができます。また、長時間労働なので低賃金だから割に合わないと優秀な学生は一般企業に流れる動きもあるため、東大以外の出身生も増加している傾向にあります。昔は東大や京大など日本1位、2位を争う大学ではないと官僚にはなれないと言われるほど、公務員試験は難しいものでした。しかし、近年は法律区分偏重を辞めたり、教養分野の配点を高めるなど多彩な人材を集めようという姿勢が見られています。ただし、やはり最終合格を勝ち取るためには席次が重要というのは今も昔も変わらないでしょう。確かに人物試験で逆転合格は可能なくらい面接は重要視されています。特に人気の省庁であればその傾向にあります。そのため、国家総合職を目指すのであれば大学生活とのダブルスクールが必要になってくるでしょう。成績上位で合格したほうが最終合格に近づけることは間違いので、学習効果の高い公務員専門学校を活用したほうが良いと思います。もちろん、ダブルスクールとなれば50万ほどの学費が必要となり決して安い値段ではありません。しかし、民間企業を候補に入れず公務員試験1本に絞るのであれば合格への確実性にこだわるべきです。現実問題として、公務員試験に一度足を踏み入れてしまうと合格できずにズルズルと勉強生活を送ってしまい年齢制限にかかってしまう人がたくさんいます。日本は残念ながら新卒一括採用主義であり、希望の企業で働くのであれば新卒採用が一番の近道となっています。その選択肢を捨てでまで公務員を目指すわけなので、絶対に合格できる体制を整える必要があります。国家総合職難易度はトップクラスですが、合格を勝ち取れば日々遣り甲斐を感じれる仕事に就くことができることでしょう。